03-5466-9270

メールでのお問い合わせはこちら

NEWS & TOPICS

2018.06
W杯で日本が決勝トーナメントに進出しました。正直、予選を突破するとは思っていませんでした。西野監督の勝負強さには脱帽です。
2018.05
日大アメフト部の悪質タックル問題では、関学や学生の対応に比べて日大の対応の不味さが問題を長期化させ拡大させたように思います。日大は、初期の対応ミスと予測の甘さ、その後の状況の変化に対応しきれていないように感じました。また、政府の自衛隊日報問題や加計、森友問題もまだまだ長期化しそうな様相です。
2018.04
トランプ大統領が圧力をかけて、貿易摩擦解消や南北融和、米朝首脳会議とトントン拍子に進んでいるように見えますが、snsを利用した強引な手法も手詰となったらどうするのか、と不安になります。
2018.03
今年は、桜の開花がはやく、先日、ホームスティしているカナダ人留学生と一緒に目黒川の桜見に行って来ました。今年は、フランスか、イギリスのビジネススクールに入学するそうで羨ましい限りです。友人に貰ったMITのパーカーを着てたら、留学生にMITの学費を教えて貰って大変驚きました。大学の学費問題は世界共通のようで優秀でも経済的事情で進学できないようです。日本は公立大学の無償化を早くすべきではないか、と思いました。
2018.02
平昌五輪では、当初、政治家達の北朝鮮政治問題もあり、少々興醒めなところもありましたが、しかし、競技が始まると日本選手の活躍にとても元気を貰いました。とくに、各国選手間に既に国境を越えた友情や互いに対する敬意があって、とても感動しました。
2018.01
新年あけましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。新年早々に、星野監督死去や貴乃花親方理事解任、立行司スキャンダルなどのニュースがありました。とくに、相撲協会の一連の危機管理対応の不味さには管理能力の限界さえ感じました。現在の日本相撲協会幹部らでは、国技や伝統として相撲を守れずにモンゴルコミュニティーに支配されないか、心配してしまいます。貴乃花親方には、強い心で「勝って奢らず、負けて腐らない」真の力士を育てて欲しいと思います。日本男児の基本は、高倉健のように世の理不尽、不条理にも黙って立ち向かう姿勢にあるように思います。
2017.12
今年も早いものであと僅かとなりました。本年中のご芳情厚くお礼申し上げます。来年もよろしくお願い致します。皆様に良い年が訪れますよう祈念します。年末年始は12月29日から1月8日まで休みとなります。
2017.11
相撲界が日馬富士の問題で混迷しており、多様な関係者の思惑で内容も多々変遷しています。いずれにしても、日本が法治国家である以上、一方的な暴力が許される筈もなく、暴行事実に争いが無い以上、横綱と言えども責任は免れないように感じます。
また、初めて知ったモンゴル力士会の存在も特別に他の部屋の力士情報やスキルを共有している懸念もあり、文科省管理下の相撲協会において競技の公正が保たれるか、疑念も生じます。各相撲部屋に横綱を含む多数のモンゴル有力力士が存在する現在、異郷で励まし合う名分で集まるモンゴル力士会にはヒエラルヒーしか感ぜず、その違和感が現実化した事件のようにも思えました。
2017.10
22日の衆議院選挙は、台風の影響か、投票率が低かったようで投票システムの抜本的な改善が必要に感じました。国政の方向がどのようになろうとも、責任を負うのは国民という自覚が必要に思います。最近、秋晴れが少なく、季節外れの台風の影響か、なかなかスポーツの秋とはいかずに運動不足で体重が増えてしまいました。
2017.09
8月下旬に第60期司法修習生10周年記念大会に元教官として招待され出席しました。皆元気そうでほっとしました。9月上旬には新60期司法修習生10周年記念大会に元教官として招待されており、今から楽しみです。
2017.08
残暑お見舞い申し上げます。お盆休みに焼津の花火大会を見てきました。今年は、例年になくスターマインが多く景気の良さを感じました。今年の夏はとても涼しい夏だったので、秋以降、野菜などの値上がりが心配です。
2017.07
6月にポルトガルに行って来ました。ポルトガルはとても暑かったのですが、帰国したら東京も連日強烈に暑くて大変です。今年は、8月14日(月)から8月16日(水)まで夏季休暇となります。

熊谷章法律事務所 
〒150-0002  
東京都渋谷区渋谷2丁目17番2号
太陽生命渋谷ビル4階
TEL:03-5466-9270(代)  
FAX:03-5466-9271  
業務時間:月~金 午前10時~午後6時30分

PAGETOP